ヘルプページ

打刻の自動判別の基準

打刻を自動で判別する設定にしている際の、

打刻区分(出勤・休憩開始・休憩終了・退勤)の判定基準についてご案内します。
判別に関する詳細の動画もございます。

 

出勤管理をクリックすると表示される、
出勤簿(指定日)や出勤簿(月次)の画面から「」をクリックすると、出入詳細画面になります。

打刻区分は、下記表のように打刻の回数で判断を行っています。

1回目の打刻 出勤
偶数回目の打刻 休憩開始
奇数回目の打刻 休憩終了
偶数回目の最後の打刻 退勤

ですので、休憩の打刻を何度も行うという場合も自動で、休憩時間として反映されます。

 

また、日付が変わらなければその打刻が本当に最後の打刻かどうかの判定が出来ないため、
打刻を当日中に確認すると、
「退勤」の打刻のはずが「休憩開始」と判定されている状態になりますが、
区切り時間(ジョブカン上日付が変わる時間)を越えると、自動的に「退勤」の判定になります。

 

 

●打刻区分の判別についての動画

Powered by Zendesk