ヘルプページ

勤務データダウンロード

出勤管理→出勤管理メニュー→勤務データダウンロード
こちらの画面で勤務データを、CSVまたはExcel形式で出力できます。
給与計算ソフトや一覧用に出力項目を選択し、ダウンロードすることができます。
 ※勤務データダウンロードの方法について動画での説明もございます。



ダウンロード方法について

ファイル形式を選択し、抽出したい期間を選択します。
グループ単位やスタッフ種別単位、スタッフを1名選択してのダウンロードも可能です。

在職・退職について
「退職」を選択すると、退職扱いにしたスタッフの情報をダウンロードすることもできます。

打刻場所について
・指定なしを選択
 全打刻場所での打刻の情報を抽出します。
・打刻場所名を選択
 選択した打刻場所での打刻の情報を抽出します。
・全ての打刻場所
 打刻場所ごとの情報を抽出します。(打刻場所毎に複数行で表示されます。)
 ※選択しているフォーマットの中に「打刻場所」の項目が選択されているときのみ表示されます。 



フォーマットの新規作成について
画面上部の「フォーマットの新規作成」をクリックすると、出力する項目を選択できる画面になります。


設定名 作成したフォーマットの名前を設定
項目名の出力 「する」にすると、出力を行った際に上部に抽出した項目の名前が表示されます
時間の表示形式 出力をおこなった際の時間の表示方法を変更できます。
10進数  - 1時間30分→1.50   1時間45分→1.75
時刻形式 - 1時間30分→1:30   1時間45分→1:45
表示方式 出力した項目の数字が0になる部分の表示方法を選択します。
数値で出力 - 時刻であれば0:00、10進数であれば0.00と表示
空白で出力 - なにも入っていない状態で抽出
集計単位 1日ずつ     - 1日ごとの情報を抽出することができます。
期間合計のみ - 選択した期間の合計のみを抽出することができます。
両方     - 1日ごとの情報と期間合計の両方を抽出することができます。
ヘッダ文字列 抽出したときに表示する項目名を変更することができます。
選択された項目と同じ順番で、カンマで区切って表示させたい項目名を入力します。
表示項目 抽出する項目を「選択できる項目」より選択します。
項目名をダブルクリックもしくは「>>」マークをクリックすることで追加できます。
「基本フォーマットの項目を追加」をクリックすると、基本フォーマットの項目がはいります。
抽出できる項目の詳細一覧はこちらにございます。


 

●勤務データダウンロード方法の動画

Powered by Zendesk